バレる前に治せヘルペス!

ちょっとした気まぐれで行った風俗でヘルペスを移された!嫁さんにバレる前に治さないとまずい…と焦っている方必見の情報サイトです。ヘルペスの治療に関してわかりやすくまとめました。

ヘルペスを早く治すには

ヘルペスはウイルスに感染して水ぶくれなどができる皮膚の症状です。
このウイルス最初に感染した後免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返すやっかいなウイルスです。
口の周りにできる口唇ヘルペスを経験する人が多いかと思いますが、これは、疲れやストレスがたまって体が弱っているときに発症し、くちびるの周りに赤い水ぶくれができ、かゆみや痛みが伴う症状が一週間ほど続きます。
うずうずとしたかゆみや腫れを伴うので、患部を触ってしまったり、炎症を与えてしまったりしがちですが、悪化すると水ぶくれが破れ、かさぶたになってしまいます。
ヘルペスを早く治すには、ずばり早めの治療が大切です。
何度かヘルペスを経験した人なら、赤みが出たり、むず痒い症状でヘルペスだというサインがわかるはずですので、早めに皮膚科などで処方してもらった薬で炎症を抑える事です。
悪化することなく、気になる症状も早くよくなります。
また、敗れた水ぶくれから出る体液は二次感染につながるので、常に患部を清潔にしておくことと、敗れてしまったら、なるべく触らず、触ってしまったら必ず手を洗浄することが大切です。
特に目に入った菌は、感染すると目の痛みや涙目、目の赤みといった症状が出 ます。
症状が悪化すると、重大な視力障害を引き起こすこともあるので注意が必要です。
また、他人にも感染するので、家族に感染が広がらないように、タオルなども共有せずにする注意も必要です。
ヘルペスは繰り返して再発することが特徴なので、一度発症したら、しっかりと完治させて、二次感染を指せないことが重要です。
口唇ヘルペスなどではマスクを使用して生活する人も多いかと思いますが、いつも清潔なマスクを使用することです。

クラミジアにはこちらのお薬